店舗紹介

仕入れ

当店の仕入れは豊洲市場を主に、店主自ら足を運び築き上げた独自のルートからも季節に合わせ直送されます。現在のところ、唐津、由良、萩、鳥取、小田原などから仕入れております。
唐津のクエ(15~20㎏)や赤海胆、萩より剣先イカ、鳥取からはズワイガニ(セイコガニ)、淡路島からは初摘み天然太もずくと“幻の由良の海胆”など、豊洲には珍しく、かつ良質なものを漁師さんや漁業関係者の皆さんのご協力でお店に届きます。

長期連休の際には必ず各産地を訪れ新たな情報収集をし、より美味しい、珍しい魚をお客様にご提供したいと考えております。今後、仕入先も増やす予定です。

店内

白木のカウンターは樹齢200年、木曽桧の一枚板。店内中央、桧造りの氷蔵庫には、常時18~24種のネタを用意し、徹底した温度管理にてお客様に提供しております。この氷蔵庫は適度な湿度を持ち、魚の水分が失われずに美味しさを保つことができます。

おもてなし

従来の形にとらわれず、よりお客様に喜んでいただけるよう、鮨屋らしい小鉢類も続々と開発中です。店主が考案した“元祖 赤ウニの奈良漬け添え”、当店名物の毛ガニのおつまみ、独自の調理法を施した蒸し鮑など、特にご好評をいただいております。